日本が違法ギャンブルに厳格な理由

日本が違法ギャンブルに厳格な理由

数多くの国の政府が、ギャンブルは自国の社会体制に歓迎され得る美徳のあるものではないといった趣旨の声明を発表してきました。しかし、この考え方はここ数十年の間に変化し、いくつかのギャンブルがアジアの国々でも人気を博し、根を下ろすに至っています。米国とヨーロッパ諸国では、実店舗型のカジノとオンラインカジノで常に異なるタイプのギャンブルの普及が推進されてきました。

しかし、アジアでは、マカオのようなごく少数の地域を除いて、ギャンブルに対してそのような寛容なスキームが成立した例がありません。本稿では、日本のギャンブル産業の在り様に光を当ててみたいと思います。いきいきとした文化と素晴らしいテクノロジーが融合し、世界経済に大きく貢献している唯一無二の国、日本のギャンブル産業について考察していきます。

gambling hand

ギャンブルは経済活動の柱となり得る娯楽の1つですが、日本はそうしたものに嫌悪感すら抱いているようです。カジノは雇用機会を増やし、観光に利益をもたらし得るものです。しかし、国内でギャンブルビジネスとして成立しているのは、パチンコ、くじ、数種のレースぐらいです。法制度や社会、文化も長期の間に変化し、ギャンブル関連の法律も緩和されてきましたが、特定の制限は変らずに残されたままです。日本が違法ギャンブルに厳格な理由について考えてみましょう。

日本のカジノ

自民党政権による日本国内にカジノを設置しようとする動きは、法が成立するまでに長い歳月を要したものの、無駄にはなりませんでした。しかしながら、国内のギャンブルの将来について楽観視した向きもありましたが、日本政府はお金をかけてプレイするすべてのゲームの合法化には、完全に同意していません。

違法なギャンブル

かつて、日本で、すべての違法ギャンブルを運営していたのは、暴力団組織でした。そして、知る人ぞ知るカジノゲームをプレイできる店舗が日本中にあったのです。街路の片隅にあった小規模な薄暗い部屋のような店舗で、マージャンからポーカーまでプレイすることが可能でした。ヤクザの構成員は、ゲームに負けて借金をしたプレイヤーに対して取立てを行うこともありました。日本における過去の違法ギャンブルの実態はこのようなものであり、日本政府が厳格な態度を取る理由の起源はここにあります。

一方、最新の形態では、プレイヤーは、ヤクザが運営する店舗を訪れる必要もなく、代わりにオンラインカジノのサービスにサインアップするだけでギャンブルをプレイできるようになりました。

日本政府は、自らの管理が及ぶパチンコ、くじ、公営競技と呼ばれる数種のレース以外のギャンブルに対しては依然として反対の立場を続けています。これらの内、パチンコについては、勝ったプレイヤーに対しては景品の提供のみが店舗には許可されており、プレイヤーが店舗から現金を受け取らない限りにおいて合法となっています。プレイヤーは提供された景品を、パチンコ店とは別組織が運営している営業所で現金と交換する仕組みなのです。

こうした脱法的な構造を持ったパチンコ、そして、くじや公営競技がギャンブル需要に対応する一方、デジタル空間では日本人プレイヤー向けに最適化された多様なカジノゲームが人気を集めるという二重構造が今日の日本のギャンブル事情です。

slot-machine-4926_640

後者のオンラインカジノはデジタル空間を1種の迂回路として国外に設置されたサーバーを介して日本人プレイヤー向けにギャンブルを提供する図式になっており、これもまた1種の脱法的構造と看做すことが出来ます。日本政府は、上記の二重性を直視し、実店舗型のカジノの導入やオンラインカジノに関する法整備に着手することが得策です。現状を継続すると、やがて、オンラインカジノ愛好者の経済的破綻の多発を初めとする、多様な解決困難な問題が発生し、また、本来得られるはずの税収入を逸失してしまうことになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *